サービス管理責任者への道のり①

比較的こまめにブログを更新していると自負している君島です。

前回の記事でも書きましたが、実務年数が3年以上になりいろいろな福祉の資格を受けるための要件を満たすようになってきました。

介護福祉士も3年以上なので、取れるものは取ってしまおうと考えています。

僕の場合、介護福祉士は二次的な目標なのですが、サービス管理責任者は一番取得したい資格です。

しかし、色々と要件があり、サビ管の研修も基礎と実践があり、基礎を受講してから2年の実務経験ののち実践を受けて晴れて正式なサビ管らしいのです。

さらに、サビ管の基礎研修を受講するためには相談支援専門員の基礎研修を受講することが要件になっているようで、申し込み期限が5月26日(水)まででした。

気づいたときは、6月中旬で研修を主催している会社に問い合わせてみましたが、締め切りということになってしまいました。

どのくらいの期間ネット上に募集をかけていたかと聞いてみたら、4月中旬からということで、40日程度ではないですか。

そして、特例があり令和3年度中(令和4年3月31日まで)に基礎を受講すれば、実践研修を受講しなくても正式なサビ管としてみなすらしいですね。

でも、年に研修は一回しかないので、この特例を受けられないことになってしまいました。

2年の実務経験を必要とするのは長いですね。

コロナ禍ということで、特例の延長をお願いしたいものです。

福祉業界は「資格」がモノをいうので、取得しなくては仕事の幅が広がりません。

その「資格」を受けるためには実務経験が必要になるので、長期戦にならざる負えませんね。

福祉業界は人材不足といいますが、資格取得にお金は掛かるし、ステップアップしよとすると

実務経験も必要だしでなかなかハードルが高いのではないかと思いますね。

期限を逃してガッカリの君島でした。